研修

鉄道会社での新人研修のあれこれ

私は、鉄道会社に勤めていたときに、新人研修を受けたことがあるのですが、その新人研修が少し変わっていました。
新人は1ヶ月間、座学などでこれらの研修を学ぶのですが、その後は、その会社の研修施設へと移動をします。こちらの研修施設で、配属先となる、上司から直接色々学ぶという研修でした。

 

こちらの研修では、問題を、上司が出して、それに新人が答えていくというもので、同期がたくさん集まって行われる研修でした。今は、色んな研修がありますが、この会社の研修は、非常に昔ながらの研修という感じで、まるで学校の勉強のようでした。

 

上司の数がとても多く、10人~15人以上の上司がその場に集まり会社が取得しているISOや労働安全衛生マネジメントシステムについて直接教えるという形で、さらに座学が主な研修でした。
今は、色んな会社がありますが、座学が主な研修となっているところはほとんどありません。さらに、上司が直接教えるということはあまりありませんでしたので、昔ながらの研修という感じがして、とても新鮮でした。