ISO14001, 節約

使用した紙やミスプリントの紙は、まとめてメモ用紙に再利用

ISO9001やISO14001の取得で、私の会社では環境についてうるさくなりました。プリントアウトした紙や、誤ってプリントしてしまった紙など、日常的に紙はいつも出てしまうものだと思います。そこで、節約方法として、裏紙の再利用について、私が会社で行っている方法をお伝えします。

 

まず、使用した紙やいらない紙をまとめて、ある程度の大きさに切ります。(大きい会社だと、裁断機なんかもあるかと思いますので、楽に出来ます。)

 

まとめたら、綺麗にそろえて、先端部分を輪ゴムでくくります。
ティッシュペーパーを用意するのですが、このティッシュペーパーが二枚重ねになっているようであれば、一枚にします。

 

まとめた紙の先端部分に水のりをたっぷり縫って、のりがついている部分にティッシュペーパーをくっつけます。
乾くのを待っている間に、次のまとめた紙も同様の作業を行います。
ティッシュペーパーの部分が乾いたら、再度その上に水のりをつけてティッシュペーパーをくっつけます。

 

このティッシュペーパーが乾いたら、輪ゴムを外してメモ帳の完成です。
ぺりぺりっと紙が千切れてとても使いやすいメモ帳が完成します。大きさ、枚数など、自分の好きなように作成できるのでとても便利ですし、また節約も出来ます。