ISO14001

ISO 14001で無理なく環境に貢献を

会社形態による、大規模かつ大量なモノやサービスの提供のおかげで、私たちは、安定して快適な暮らしを送ることができるといっても過言ではありません。

しかし、こうした巨大な生産活動は、限りある地球資源を大量に消費し、また大量の廃棄物や廃水などで、広範囲に環境を汚染するリスクがついて回るものです。

そのために、環境マネジメントシステムの世界標準であるISO 14001は、少しでも環境への負担を減らし続けながら、モノやサービスを生産し続けられるようなしくみを提供しています。

けれども、会社での生産活動における環境側面のピックアップや環境方針、規格要求事項の設定を適切に行わないと、内容が厳しすぎたり、的外れだったりするために、こうした環境への取り組みが、実行あるいは継続不能に陥る恐れがあります。

また「環境保護」というと、生産活動におけるエネルギー消費量や発生する廃棄物の削減ばかりに、とかく気を取られがちです。

もしも、その会社が提供するモノやサービスにおいて、環境への負担軽減に貢献できるものがあれば、それらの生産活動こそが、環境パフォーマンスを実現させるための、継続可能な設定たりうることもあるのです。

会社における、環境への取り組みの指標として、ISO14001を意識した人材育成をする際には、無理のない、継続性のある内容を、柔軟かつ十分に吟味した上で、確実に環境に貢献できるよう設定することが、重要ではないでしょうか。