節約

回覧はコピー用紙の裏に印刷して再利用

職場では部署内の回覧の場合、使用済みコピー用紙の裏面に印刷しています。
普段から使ったコピー用紙を貯めておいて、社外に出さない印刷物(回覧、掲示物、部署内のイベントのお知らせなど)や試しコピーの時に再利用しています。
使用済みのコピー用紙は一目で分かるよう、印刷面に蛍光ペンなどで大きくバツ印を付けて、所定の箱に入れて貰っています。
紙の再利用の時はコピー機の手差し印刷で利用しているので、上手に使い分けられて便利です。
再利用する前から比べると、ほぼ半分くらいに紙のゴミが減りました。
以前はシュレッダーが大きな負担でした。
しかし、コピー用紙の再利用でゴミが減り、シュレッダーにかける手間がほぼ半分になったので大助かりです。
ISO14001を取得しているので、環境に優しく、コピー用紙の購入費用も節約になりました。
職場全体が慣れるまで少し時間がかかりますが、一度習慣化すれば問題ありません。
部署内回覧くらいなら、コピー用紙の裏面で十分です。
コピー用紙の再利用は、環境保全にも節約にもお勧めです。