温暖化が熱塩循環妨げ、氷河期を招くことも

海は海流が流れています。
西ヨーロッパが高緯度にもかかわらず、比較的温暖な気候なのは、メキシコ湾流という暖流が流れ込んでいるからです。

メキシコ湾流がなぜ北極圏に近いノルウェー沖まで流れ込むかというと、グリーンランド沖の大西洋で表層の海水が海底へ沈み込んでいるからです。
グリーンランド沖では海氷ができる際、塩分が排出され、塩分濃度の高い海水が誕生して沈み込むのです。

いったん海底へ沈んだ海水は1000年以上かけて大西洋からインド洋、そして太平洋へとゆっくり進み、北太平洋で表層へ浮上します。
これを熱塩循環と呼びます。

この熱塩循環は西ヨーロッパを暖かくするだけでなく、地球の気候に大きな影響を与えているのです。
ところが、地球温暖化が進むと、北極圏の氷河がとけてやがて海に流れ込みます。

すると、グリーンランド沖の塩分濃度が薄まり、沈み込みが起きなくなります。
メキシコ湾流はヨーロッパに届かず、ヨーロッパが急速に寒冷化するわけです。

1万2900年ほど前、こうした事態が起き、ヨーロッパは「ヤンガードリアス」という亜氷期に突入しました。
今の温暖化もこうした異変を繰り返す可能性があるのです。

ISO 14000は、国際標準化機構 (ISO) が発行した環境マネジメントシステムに関する国際規格 (IS) 群の総称です。ISOの環境に係わるものは、主として「要求事項」を定めたISO 14001を指す場合が多いです。

関東化学株式会社は、試薬業界で国内初の環境マネジメントシステム「ISO 14001」の認証を取得したことで知られています。この会社では、省エネルギー・省資源、廃棄物の削減等、環境にやさしい生産活動を通して環境対策を施しています。

省エネルギーは、試薬を製造する工場の設備に使用するエネルギーを削減することです。具体的には、使用する電気量の削減・使用するガス量の削減などがあります。

更に、間接的ではありますが使用する水の量を削減することも省エネルギーに繋がっています。その理由は、水を作るためには浄水処理が必要になります。

この浄水処理は、電気を使ってポンプを動作させたりする必要があるからです。次に、廃棄物の削減は、試薬を製造する工場ではどうしても多くの種類の薬品を使用することになります。その使用する薬品の量も物凄いものになります。そのために、使用する薬品量を削減した試薬の製造技術を日夜開発されています。

PR|健康マニアによる無病ライフ|アフィリエイト相互リンク|初値予想|GetMoney|英語上達の秘訣|ショッピングカート|お小遣いNET|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|クレジットカードの即日発行じゃけん|貯蓄|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|マッサージのリアル口コミ.com|童話|住宅リフォーム総合情報|